当事務所の方針 

弁護士の紹介 

取り扱い業務 

弁護士費用 

相談の流れ 

事務所案内 



取り扱い業務>個人の法律相談



※詳細は各項目のリンク先を参照してください

1 貸したお金を取り戻す

内容証明郵便での請求、交渉、裁判、強制執行の順に進めてゆきます。貸したことを証明できることが重要です。

2 不動産の売買

契約書を見てほしい、契約に同席してほしい、契約を履行してくれない、契約を解除したい、土地の実際の面積と契約上の面積が違う、土地の権利証が見つからない、抵当権が付いている土地を買うには、登記移転に応じてくれない、新築建物にに欠陥がある、住宅性能評価とは、瑕疵担保責任法とは、引き渡し前に家が焼けた

3 不動産の賃貸借

家賃の引き上げ(引き下げ)を求めたい、家賃が不払いとなっている、建物を明け渡してもらいたい、一定の期間だけ貸したい、立ち退き料とは、敷金を返してくれない、無断で転貸された、勝手に増改築された、家主が破損部分の修繕をしてくれない

4 不法行為による損害賠償

交通事故、子供が学校で怪我をした、他人の買い犬にかまれて怪我をした、スポーツ・レジャーによる事故、製造物責任(欠陥商品)、名誉棄損、プライバシー侵害

5 賃金・残業代の不払

名ばかり管理職で残業代が支払われない、昔の不払い残業代の請求をしたい、裁量労働制とは、外回り営業職等の労働時間の算定、経営難を理由に賃金を引き下げられた

6 解雇

整理解雇の4要件とは、会社からやめてくれと言われている、採用内定を取り消された、転籍を求められている

7 セクハラ・パワハラ

上司からしつこく誘われる、セクハラと会社の責任

8 借金、債務の整理

債務の返済可能性を検討して任意整理、民事再生、自己破産のいずれかの方法を選択します。

9 消費者問題

商品が説明と違う、金融商品をめぐる被害、お年寄りへの強引な押し売り、クーリングオフとは、マルチ商法

10遺言書の作成

あなたの大切な人たちが争わないようにすることはあなたの最後の義務です、たいした財産がないから遺言書を書かないのは大変な間違いです。
奥様のみの方、独身の方、内縁の妻がいる方等、遺言を残さないと大変不都合が生じるおそれがあります。

11相続

法定相続とは、遺言書が出てきたがどうすればよいのか、相続財産より債務が多い、沢山の財産をすでにもらっている相続人がいる、家業のために一所懸命働いた分は遺産分割で考慮ざれないのか、遺産分割がまとまらない、遺産の土地を分割するには、内縁と相続

12離婚等家庭の問題

離婚したいがどうすればいいのか、有責配偶者からの離婚請求、財産分与でどれだけもらえるのか、慰謝料はどのくらいか、子どもの親権者となりたい、離婚後も子どもと会いたい、子供の養育費はどのくらいか、取り決めた養育費をもらえない、一方的に婚約破棄を迫られている

13近隣とのトラブル

境界を巡り隣家と争いがある、隣家からこちらの部屋の中が丸見えだ、隣家が境界ぎりぎりに建物を建設する、隣家の樹の枝が越境している、隣地を通行していたが勝手にふさがれた、隣家の騒音に悩まされている